慢性的な不健康でも健康的なカラダになる方法

手法の選択肢

温熱療法の注意点とは

エステやリラクゼーションマッサージを開業する場合には、メニューに温熱療法を取り入れると効果的です。ドームやシート状で温める事ができたり、またハーブスチームなど様々な温熱療法があります。身体を温める事によって血液とリンパの流れが促進されるので痩身効果が高まり、またこりやむくみの改善にもつながるのです。汗をたっぷりとかくことによってデトックス効果も得る事ができます。温熱療法を導入する際に注意したいのは、顧客がのぼせてしまう体質ではないか事前に確認しておくことです。途中で冷たいタオルで冷やしたり、また水分補給を行うなど十分に注意する必要があるのです。また怪我をしていたり患部に熱がこもっている場合には温めると逆効果になることもあるので、事前にしっかりとカウンセリングを行うと安心です。

知っておきたい情報について

温熱療法は昔から健康や美容によいとされています。エステサロンやリラクゼーションサロンだけでなく、がん治療などにも利用されているのです。知っておきたいのがその効果についてです。身体を温めることによって血液とリンパの流れが促進されるので老廃物が排出され、酸素と栄養が行きわたるようになります。それによって免疫力や新陳代謝のUPにつながっていくのです。また身体が冷えてしまうと脂肪も固まりやすくなり、老廃物とくっついてセルライトになってしまうのです。セルライトができると肌の表面がぼこぼこになってまるでオレンジの皮のようになってしまうのです。温熱療法は様々な方法がありますが、美容にも健康にも効果的なのでエステやリラクゼーションサロンを開業する際には導入すると集客につながります。